VOD

半年ほど前からhuluに加入しています。
元々お試しのつもりでしたが、気づけば結構楽しんでいます。

テレビドラマよりドキュメンタリータッチのものが好きなので、海外の企画モノとか、ついチェックしてしまいます。
猫好きなので「猫ヘルパー」「ねこまにあ」なんて、もうエンドレスで見て楽しんでいられます。企画した人が神様にしか見えない・・・。古い車を改造したりするのも面白い。車好きな人にはたまらないのだろうな。個人的には歴史モノが大好きなので、太陽系の惑星の謎とか、エジプトの謎とか・・・大概歴史モノはロングランなので、どこまで見るか自分で決めないといけないのが辛いですね。そうじゃないと一日中自宅に籠ってしまう!

今は「バ科学」という海外のおバカな失敗を物理学の視点から見る・・・みたいな楽しい番組に夢中です。因みに物理(中学校でいう理科の一分野)は全くダメでしたが^^;

ここ半年少し時間があったので、唯一すべて見た海外ドラマが「キャッスル」シリーズ。主役の作家・キャッスルには加藤亮夫さん、美人刑事・ケイトには湯屋敦子さん!警察モノなので事件要素はあるけど、そこに少々の恋愛ドラマとコメディ的要素がちりばめられていて、最後までしっかり楽しめました。脇を固める役者さんも皆一人一人味とストーリーがあって、アメリカでご長寿番組だった理由も納得です。

見逃した小劇場(ミニシアター)作品が見れるのも魅力です。というか、本当に驚くスピードでPCで見れるようになりましたよね。VODがきっかけで火が付く作品が出てくれば嬉しいのですが、やはりあのこじんまりした空間でしか生まれない熱というか、人の血の通った空間が恋しいのも事実です。最近通っていないな、ミニシアター・・・。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)