花組トップ娘役・仙名彩世さん、来春で退団。

先ほどニュースで、宝塚歌劇団で花組トップ娘役を務めていらっしゃる仙名彩世さんが、来年4月で退団されることを知り、とても驚きました。

私は二回しか宝塚を観劇したことがないのですが、記念すべき一本目が花組で再再演された「新源氏物語」とショー「melodia」の二本立てでした。お目当ては新源氏物語だったのですが、ショーが予想をはるかに超えて面白く、あっという間だったことを記憶しています。そのショーの前半の方で、明らかに他の役者さんと比べても群を抜いて美しいトリプルターンを決めていた女役さんがいて、気になってファンの方のブログなどを調べたところ、仙名さんだったことを知りました。その後、知り合いの方にDVDなどをお借りして、オーシャンズ11の3ジュエルズなど、多くの作品で実力派として舞台を支えていらっしゃることを知りました。話は飛びますが、今見ても花組さんの「オーシャンズ11」素晴らしいですね、冒頭から一部の隙もなくスタイリッシュでカッコイイなんて・・・ずるいなぁ^^;!

それはさておき、その後、仙名さんが専科の轟悠さんと共演されると知り、神奈川のKAATに足を運びました。「For The People」というリンカーンの生涯を描いた作品でしたが、本当に素晴らしく(ラストの演出、あれは泣いてしまう・・・!)、仙名さんの演じたメアリー・トッドもハマり役で、役者さん一人一人もとても輝いていらっしゃったことをよく覚えています。その後の「金色の砂漠」もDVDでしか拝見していませんが、アムダリヤも仙名さんの実力と魅力が存分に発揮されていて、素敵な作品でした。音楽も大好きなんですけどね、金色の砂漠・・・。ロケットセンターを務めていらっしゃったのも嬉しかったです。

その後、トップに就任されることを知って、本当に力のある人が、立つべきところに立つ嬉しさを感じました。配役などでもっと優遇されてもよいのでは・・・と感じる事もしばしばありましたが、男役さんあっての娘役さん。どんな立場にあっても、隠しきれない実力で舞台を輝かせ、魅了して下さいました。

組織の人事は個人の一存ではどうにもならないことがあることも重々承知していますが、まだ就任されてから間もないことを思うと、非常に残念で、寂しい気持ちです。ご卒業までの約半年、最後まで存分にご活躍されることをお祈りしています。

それにしても「CASANOVA」って一本モノと言われている、ショーがない公演ですよね?あれだけ踊れる仙名さんなのに、卒業される公演にショーがないのはあんまりというか、寂しいというか・・・ディナーショーに行ける人は限られているし、せめてサヨナラショーとかやらないものかと思うのですが、トップスター(男役)さんではないからそういう企画もないのかな、寂しいな・・・。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)