迷惑な人たち。

お芝居をするために数え切れないほど色々な仕事を経験しましたけど、どこの会社にも「煙たがられるお客さん」が大抵いました。

「クレーマー」のようなお客さん・・・いや、お客さんという名の迷惑な人か^^;企業の採用窓口のコールセンターにもそういう人がいるそうで(不採用になっても何度も応募してくる、何度も面接の約束だけして一度も来ない。そしてまた初めて電話をしてきた振りをする・・・とか)、世の中色々な人がいるというか、暇というか、寂しいというか・・・。これからそういう人ばかりの国になるのかな、日本は。

でも、対応している側からすれば、単純に時間の無駄だし(採用何てこのご時世、結構な数が来るでしょうしね)、あまり無碍にもできないし・・・採用する側にも自由がありますが、応募する側にも自由がありますものね。

あまりにもしつこい要求には毅然と淡々と対応するしかありませんが、この手の人たちはそもそもそんな常識的な対応でちっとも諦めませんし、そういったコミュニケーションが全く通用しない人が殆どですので(びっくりするぐらい自分のペースで自分の言いたい事だけまくし立てますよね笑。それでそれまで生きてこれたのだから、おめでたいのか幸せなのか)・・・度を越したものはリスク管理の話にもなりますので、あまり背負い込まず、時にはさっさと逃げるのも一つの手だと思います。いざという時、自分の心身を守れるのは自分だけです。

同時に、自分の脇の甘さを教えてくれるのもそういった人たち。そんな人たちを丁丁発止であしらってコテンパンにして返す人生の先輩方を羨望の眼差しで見続ける、ミジンコに産毛が生えた程度の私です笑。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)