ここでもチケット問題。

先日、観劇予定だった舞台「八つ墓村」が中止になりました。
チケットは払い戻しとなりましたが、手続きはスムーズに済んだのでとりあえず一安心、だったのですが・・・。
ニュースを読んでいて、ここでもチケット騒動が勃発していることを知りました。

オリンピックのチケット!

私は世間の波に完全に乗り遅れ、気づいた時には販売やら抽選やら全て終わっていたのですが・・・。
こういった不測の事態の場合、なんと払い戻しはされないとのこと。規約にもその旨の記載があるとのことで、今後の対応がどうなるか注目されているようです。仮に中止となればスポンサー収入も入ってこないでしょうから、組織の大小かかわりなく、無い袖は振れない、ということなのでしょう。

オリンピックのチケットといってもピンキリだそうですが、高額なチケットを購入された方はどんなお気持ちなのか、察するに余りあります。

チケット代だけではないですよね。遠方の方は交通費や宿泊費など、今からキャンセルで戻ってくるのでしょうか。通常だとまだ3か月ほどありますから戻ってきそうですが、このご時世・・・お客様ももちろんですが、宿泊施設や交通機関も追い打ちをかけるような大打撃です。

ただ、どこをとっても肝心の選手や役者など表舞台に立つ人間と、お客さんが置いてけぼりになっている気がしてなりません。いや、様々な関係各所の後ろ盾があっての大舞台であることは重々承知していますが・・・皮肉なことですが、オリンピックに限らず、あらゆる「国際大会」の開催や誘致、存在そのものについて、改めて考え直す機会なのかもしれません。淘汰されていく組織、人達、大勢出てくるのだろうな・・・。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)