健全な備えをする。

いよいよオリンピック開催を巡り、最後の決断を下さなければならない時期が迫っています。それぞれの立場がありますので、強行・延期・中止のいずれを選択しても、誰かが笑って誰かが泣く結果にはなると思いますが・・・。

素人が誤解を恐れずに言うことですが、

もうこれは、戦争ではないかと思うのです。

世界全体が目に見えない相手と戦う戦争、というか・・・。

騒動の長期化が避けられないこの情勢の中、私たちが本当に備えないといけないものは何でしょうか。
日本があまりにも平和ボケしすぎていて、国の有事に対する危機管理というものが薄いというかゼロに近いと思います。
(地震とかそういったところの備えは他国に比べて大分鍛えられていると思いますが・・・)

G7諸国がロックダウンやら何やら始まっていますが、日本は依然として大きな規制もかけず(いや、かけられず)・・・未だに外国人旅行者の方も普通に歩いていらっしゃいますよね?皆さん、国に帰れなくならないのかしら。いや、むしろ母国に帰れなくて日本に閉じ込められてしまった人もいるのかもしれませんね。

各種イベントや公演の大半が、世間の「空気を読んで」泣く泣くの自粛(中止)。「空気を読む」で最も泣くのは一番力を持っていない人間です。既にそういった意味で、多くの芸事関係の有事は始まっている、と感じています。でも、力が無くても知恵はある!ということで、アイディアをひねり出して様々な発信をしている人・団体もたくさんあります。平時に戻った時に備えてレッスンを通常通り行っている劇団や教室も多数・・・こんな時だからこそ、健全な備えで来るべき日を迎えたいと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)