曖昧に移ろう日々

近所に咲く桜がたおやかに枝を揺らす風景に、心癒されています。

東京はようやく外出自粛要請が出ました。きっと関係各所と協議もしているのでしょうから、ロックダウンも近いのかもしれません。とにかく、生き延びないと!「世界一清潔な国だから大丈夫」と平和ボケしている日本人、「要請」ぐらいではフラフラと無防備に出歩く人も減りません。強い力を行使することも、今は国を守るために必要な手段の一つではないでしょうか。

鉄道はストップするのかと思いましたが、東京へ通勤している人たち(特に医療関係者など)がいることを考えると、難しいようですね。夜勤の方もいらっしゃいますから、時間で間引くとか、その程度になるのでしょうか。映画も、遂にTOHOシネマズが東京・神奈川の映画館について、夜間の営業を見合わせることにしたそうです。

ようやくあちこちで重い腰が上がり始めましたが、今のような平和ボケした状態では、仮に今を乗り越えたとしても、今年の冬、大勢の人が亡くなるのではないかと、不謹慎ですが感じています。私の周辺でも、未だにマスクを血眼になって探している割には、その他の事に無頓着な人が多すぎて卒倒しそうになります。

しかし、イタリアの死者数がとんでもないことになっていますね。衛生状況とか、移民の関係とか色々あるにせよ、突拍子もない数に慄いています。上層部も「黄色人種の病気だから欧州には関係のないことだ」なんてもう言っていられないでしょう。アメリカもニューヨークを中心に惨状が聞こえてきます。

色々とショッキングなニュースも聞こえていますが、混乱を避けるためにも、ある程度情報の規制はされているのでしょう。予兆なく倒れて亡くなった方もいらっしゃるとか。その全てをこのウイルスのせいにするのも違う気がしますが、様々な形でひょっこり顔を出すのだと覚えておきたいと思います。

布マスク、必要な分を揃えました。使い捨ては、医療機関など、本当に必要な方に届いてほしい。
百貨店などでは薄手の婦人用手袋が売れているのだとか。この様子だと当面の間落ち着くとも思えませんし、人類がこうして騒いでいる間にも夏が来る!周りにいる様々な人たちとの温度差を感じつつ、今できることはなんだろう、ともやもやとした思いを抱えながら、日々過ごしています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)