“口舌を慎む”とは。

今日は恒例の浅草参りへ。七五三シーズンということもあり、夕方の浅草寺は混んでいました。やっぱりお寺参りは朝一に限るな・・・。

さて、お御籤などを引くとたまにでてくる「口舌を慎む」という言葉。
皆さん、この言葉の意味をご存知ですか?

よく言われるのは「余計なことをしゃべるな」というような意味合いですが・・・私はそのような意味だけではないように思います。

私なりの「口舌を慎む」の解釈ですが・・・自分から「口撃」する必要はない。つまり、自分から積極的にアピールせずとも上手くいくのだから、「秘すれば花」でチャンスをものにせよ・・・という事ではないのかな、と思いました。全てを見せず、本当の願望や願いは己の心の中に「つつしみ(包み)」、少しずつチラ見せで攻める・・・というか^^いきなり一から十まで、全てを詳らかにする必要はない時期なのかもしれません。

運気が良いときって強気になりがちなので、どうしても普段なら言わない事とかしない態度とか、してしまうんですよね。そして運気が落ちた時に一気にしわ寄せがやって来るという・・・。

そんな私は明日オーディションです笑。良い波に乗りかかっている時こそ、慎重さを忘れずにいないとね^^!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)