その先にあるものは。そして、将来を見据えて。

たくさんのメールマガジンを購読しては解除して、整理して・・・を数年繰り返していますが、その中でも割と長く定期購読しているバレエの先生のメールマガジンがあります。

大人向けのバレエ指導をされている先生ですが、お芝居にも通ずるものが多く、とても勉強になります。
基礎を疎かにすると何倍もの時間とお金を無駄にすること、今続けているレッスンの先に自分の未来がないことに気づくのは、大抵そのレッスンを始めて5年とか10年経ってからだということ。バレエ公演も大半は関係者ご招待で成り立っているのは同じなのね・・・。大々的にポスターとか貼られているのを見るとあまり感じませんが、確かに、クリスマスのくるみ割り人形でもない限り、しょっちゅうバレエを見に行く、ということはないかな。オペラもそうですけど・・・。日本語ならまだしも、理解できない言語を何時間も椅子に座って聞き続けるのは苦痛です。

先生はこういったバレエ界の現状を打破するべく、お教室に集った生徒さんでバレエ団を作りたい、と強い情熱を持たれていらっしゃいます。バレエ業界を支えているのはバレリーナではなく、バレエにチケット代を交通費を払って観に来て下さるお客様がいるから・・・その通りだと思います。以前より熱は冷めたかもしれませんが、アニメ業界や2.5次元が盛り上がっているのは、頑張っている関係者の努力はもちろんですが、貴重なお給料や稼ぎを使って公演を見に来てくれたり、DVDを買ってくれたり、イベントにお金をつぎ込んでくれるお客さんたちのお陰です。そして、その業界を目指して専門学校に高いお金をつぎ込んでくれる生徒さんがいるから、養成所ビジネスだって成り立っているわけで・・・。それを指導している側や業界の人間はわかっているのか?お金を出して当然位に思っている人が大半ではないかと思います。

私がやりたい事は昔から変わらず・・・昔からある戯曲に息を吹き込んで、素晴らしい戯曲(脚本)をもっと多くの人に届けたい。これから先、消えてしまうかもしれない「日本語」という文化(言語)の美しさや感性を演劇を通してずっと残していきたい・・・。小娘にしては大それた夢や理想と笑われるかもしれませんが、ずっと変わらない想いです。

でもお金にならないから、誰も食いついてこないのよね笑^^;昔から・・・。
こういった状況も、来年は本格的に何とかしたいと思い、色々と準備をしていくことになりそうです。何とかしたくて今の方法で10年近く頑張ってきましたが、芳しい方向に全く進んでこなかったので・・・理解も興味もない当たりの強い雨風も十分経験したので、もう結構です!笑。

次の10年を無駄にしないために、勇気を振り絞ってチャレンジする場面もたくさん出てくるのだろうな。でも次の10年に続く第一歩と思って、踏み出してみたいと思います。まずは仲間集めから?自分のレッスンも然り、プライベートでもやりたいことはたくさんあるのですが・・・体は一つ。整理しないとね。

私事ですが、来週の頭から、本格的に社会復帰をすることになりました。来年の5月頃まで、少し慌ただしいかもしれませんが・・・。観たい映画は来年もたくさんあるし、少しずつ更新もしていきたいな。来年は挑戦したい事もたくさんあるので、倒れない程度に忙しく充実したい年にします、と先に宣言しておくことにしよう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)