劇場も進化する。

こんな記事を見つけたので、ちょっと参考までに。

パナソニックら/劇場・観覧施設の計画・運用を最適化する評価手法を確立

こういった劇場の進歩、お客さん側としては嬉しいですよね。事前に購入予定席の見え方が分かるとか。
昨年辺りから、試験的に舞台の生配信を行う団体も増えてきましたけど、まだまだ試行錯誤ですよね。もうしばらくすれば、VRチケットも座席によって料金が変わったりするのでしょうか。劇場の端っこでもどこでもいいから生で見たいという人もいれば、遠くていけないから、VRでいい席で見たいという人もいるでしょうし、選択肢が広がるのは良いことだと思います。

「どうしてこうなった???」みたいな配置の劇場や映画館の椅子の配置って、あったりしますよね。様々な法的制限とかがあるとは思うのですが・・・作る前にイメージングとかしなかったのだろうか、とか^^;思ったり思わなかったり。

そう言えば、数年前にプロジェクションマッピングが出てきた時も「役者の芝居が映像に負けている」とか云々、色々言われてきましたが、次はVR・・・技術の進歩って凄いですよね。こういった手続きを踏みながら作れるのって、ある程度大きさと予算がある劇場に限られるのでしょうが・・・。時代の流れを感じつつも、やっぱりお芝居はナマモノなんだよな、と思ったりする。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)