自己紹介

名前:吉水ゆり(Yuri Yoshimizu)
誕生日:7月23日
出身地:茨城県
身長:157cm
趣味・特技:一人旅、生田流筝曲
資格:教員免許(小中高/地歴科)

大学卒業後、社会人として仕事を持ちながら、舞台の専門学校で学ぶ。
卒業後は小劇場からキャリアをスタートさせ、その後、CMやテレビドラマ等に活動の幅を広げる。

※これまでの経歴の詳細はこちらからご覧いただけます。

これまでの舞台を振り返って 

幼稚園のおままごとではお母さん役をあてがわれ、仕事を始めれば新人なのに「この道10年」のベテラン選手とよく間違われる。

そんな私に回ってくるのは、やっぱり「お母さんポジション」の役どころが多く・・・。

どこの組織にも、敵に回したら仕事がしずらくなる女性っていますよね。あんな立ち位置の役が多かったように思います。
キャバレーの経営者にマネージャー、置屋の女将さんに幹部秘書に総務のベテラン・・・。町の有力者の娘に、ジャニーズの追っかけに命を懸けているOLなど、色々な役を頂きました。専門学校の卒業公演では映画「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」をモチーフにした作品を上演しましたが、その際は3人のコーラスガールのうちの一人でした。「つけ胸・つけ尻」をひたすら研究したのもいい思い出!

「あんなお母さんに叱ってほしい」とアンケートで書かれては嬉しかったり戸惑ったりしています。
「深くて温かみのある声ですね」とお声をかけて頂いてはこそばゆく、ありがたいなぁ、と思っています。
そして「制服」が似合うとよく言われます。

優しかったり怖かったり。そんな「女性らしさ」を求められるポジションを得意としています。

これまでの私を振り返って

幼少期から本が大好きでした。友人の家に遊びに行っても、友人の家の本ばかり読んでいるような子どもでした。書くのも読むのも好きで、夏休みの宿題の定番「読書感想文」も苦になりませんでした。

また、色々な人を見ることが好きで、感度のアンテナが高く、どうして自分だけ色々な事に気が付いてしまうのだろう(なぜ皆は気がつかないのだろうか)・・・と、思いながら生きてきました。今もあまり変わらないかもしれません。

初舞台は幼稚園の頃。「オオカミと7ひきのこやぎ」でモブこやぎの1匹でした。翌年は「エルマーのぼうけん」で主人公・エルマーを友人2人と熱演し、念願のゼロ番に立つ夢を果たしました。

好きな本・映画・音楽

好きな作家は三島由紀夫、安倍公房、岸田國士、辻邦生など。本田健さんも好んでよく読みます。

音楽は浅く広く。ジャズや民族音楽を中心に、吹奏楽やビッグバンドも好き!大野雄二トリオ、原信夫#&♭など。

印象に残っている映画は「修道士は沈黙する」「盗まれたカラヴァッジョ」「オーシャンズ11」「娼婦ベロニカ」「DreamGirls」など・・・元気が出ない時はインド映画一択!アニメーション映画は「ドラえもん・のび太の結婚前夜」がベスト^^
※スプラッターやホラーは大の苦手です!このジャンルだけはどうしても・・・本当に手前勝手ですが・・・。