自己紹介


名前:吉水ゆり(Yuri Yoshimizu)
誕生日:7月23日
出身地:茨城県
身長:157cm
趣味・特技:一人旅、生田流筝曲
資格:教員免許(小中高/地歴科)

大学卒業後、社会人として仕事を持ちながら、舞台の専門学校で学ぶ。
卒業後は小劇場からキャリアをスタートさせ、その後、CMやテレビドラマ等に活動の幅を広げる。

※これまでの経歴の詳細はこちらからご覧いただけます。

 

 

 

これまでの舞台を振り返って 

幼稚園のおままごとではお母さん役をあてがわれ、仕事を始めれば新人なのに「この道10年」のベテラン選手とよく間違われる。

そんな私に回ってくるのは、やっぱり「お母さんポジション」の役どころが多く・・・。

どこの組織にも、敵に回したら仕事がしずらくなる女性っていますよね。あの感じです。
クラブの経営者にマネージャー、女将さんに幹部秘書に総務のベテラン・・・。

「あんなお母さんに叱ってほしい」とアンケートで書かれては嬉しかったり戸惑ったりしています。
「深くて温かみのある声ですね」とお声をかけて頂いてはこそばゆく、ありがたいなぁ、と思っています。
そして「制服」が似合うとよく言われます。

優しかったり怖かったり。そんな「女性らしさ」を求められるポジションを得意としています。

私のお芝居の根っこ

幼少期から本が大好きでした。物語もちびっ子向け偉人伝も・・・友人の家に遊びに行っても、友人の家の本ばかり読んでいるような子どもでした。そして、色々な人を見ることが好きで、感度のアンテナが高く、どうして自分だけ色々な事に気が付いてしまうのだろうと、思いながら生きてきました。(ここは、今もあまり変わらないかもしれません)

そんな私にとって「多くの人が本を読まない」という事実は非常に衝撃的でした。そして、人知れず埋もれている素晴らしい作品やその登場人物に命を吹き込んで、少しでも多くの人に知ってほしい、伝えたいといつの頃からか思うようになりました。(世の中の大半の人が読書に興味がないなんて嘘なんじゃないかと、未だに信じられません)

曖昧で多彩な人の心の動きを多くの人に楽しんで欲しい。また、面白い作品(戯曲)を、多くの人に届けたいという気持ち。私の心の中にずっとあるものです。