聖地巡礼の旅 -掛川花鳥園 後編-

聖地巡礼の旅 -掛川花鳥園 後編-

聖地巡礼(掛川花鳥園)への旅、いよいよ後編です。
というか、もう書き終えないと私の気力と記憶に自信がなくなってきました^^;
※前回に続き、写真が多めです!

大盛況のトリチョイサーカスを楽しんだ後は、鳥たちのいるブースを少し離れて、物販コーナーへ。
可愛い鳥雑貨でおなじみの「ゆとり屋」さんも出展されていました。Tシャツが可愛すぎたな・・・。

施設の中にはフードコートもあって、食事も楽しむことができます。
施設そのものが結構な広さで見応えもあるので、いようと思えば一日いることができる場所ですが、周囲にごはん屋さんはあまり見当たらず・・・ほっと一息つけるスペースって貴重です。お盆時期だからか閑散としていましたが、GWの時期はすごく混み合いそうです。記念写真を撮ったり、ファミリー層の方も大勢いらしていました。周辺にはベンチも数多くあるので、一人旅にも優しい。

一息ついて、外にいる鳥たちを眺めた後は、再び室内へ。陽も大分傾いてきました。時間は16時を過ぎた頃。
さあ、ふたばちゃんはどうしているかな・・・そろそろ閉館のお時間が近づいてきました。

閉館の17時近くになると、スタッフの方がふたばちゃんを呼びに来る?とも聞いたことがありましたので、何か面白い光景が見られるかな・・・と思い待機していましたが。

誰も来ないのね。

・・・あれ?時刻はすでに16時40分を過ぎて、もう50分になろうとしているところです。←要するにこの人は40分近くハシビロコウブースにいたという事実をお察し下さい。

時計を見ればもう16時52分。そろそろ外のゲートに向かわなければ・・・と思い始めた瞬間!

?!

・・・?

・・・ち、近くに!

お、おおおおっっ・・・!

「この画が欲しかったんだろう」と言わんばかりに素晴らしいパフォーマンスを披露して下さいました。やはり売れっ子、そのあたりのさじ加減をよくご存じのようです。

ふたばちゃんの姿を目に焼き付けた後は、既に「蛍の光」モード(要するにもう寝ている)のスイレンプールの鳥さんたちに別れを告げて入口へ戻ります。鳥ってこんなに寝るの早いのか・・・。閉園近くになると、スタッフさんが餌場を作るようで、鳥さんたちがのびのびと、嬉しそうにお食事タイムを楽しんでいました。

外に出ようとしたその時、ふと目に留まったのは、第一線を退いてのんびりと余生を暮らしている鳥さんたち。最後の最後にと、じっくり、じっくり見ていたのですが・・・あるフクロウの前で足が止まりました。

こちらの2羽、夫婦?だったような気がします。
何というか、ほぼずっとこの角度と表情をキープしたまま謎の歌を歌っているので、こう、こみあげてくるものがあります。


「くぇrちゅいお○□×prfgbんm、。・:;lkjh▲bvcxzsdfghj~♪」

絶唱。

夫婦の事は夫婦にしかわからないと言いますし、そっとしておくことにしました。

この後は地図を見ながらファミリーレストラン?のようなところで一息ついて、帰路につきました。まさかノンアルコールのシャルドネがおいてあるという驚きのお店でして、暑さと興奮でカラカラに乾いた体に、芳醇なぶどうジュースが優しくしみわたっていくのでした。

この後、帰りの高速バスが事故渋滞に巻き込まれて都内への到着が1時間以上遅れるという事態に見舞われるなんて、この時は思いもしませんでした(いや、待ち合わせのバス停への到着が15分以上遅れていたので、その時点で暗雲立ち込めていたのですが・・・)。日付が変わる前に自宅に着けて良かったと思い直すことにしましたが、やはり帰りに待たされるのは辛いな^^;

聖地巡礼、ここでいったん筆をおくことにします。鳥好きなら一日いられると聞いていましたが、それは真実だったと身をもって知った旅になりました。施設内は広々としていて開放感があるし、小さなお子さん向けのイベントも多いですし、ファミリーの方のお出掛けスポットとしても楽しめるのではないかと思います。

さあ、まだ花鳥園に行っていない鳥好きの皆さん、是非足を運んでみてください。天国があなたを待っています。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by mikata.

    おお!待望の掛川花鳥園レポ、楽しく拝見させて頂きました!
    ふたばちゃんのサービスポーズ、貴重ですね*^^*
    やはりオオハシくんはアイドル。。絶大なかわいさです。。
    僕も近々天国にお邪魔するかもしれません♪楽しみー!

    • by あや

      >mikata.様
      コメントありがとうございます。どこまでも書けそうな気がしたので、何とか終わらせました。
      ふたばちゃんは近くで見ると本当に迫力がありました!鳥は恐竜の子孫とも言いますが、ふたばちゃんを見ていると本当にそう感じます。
      羽を広げて羽ばたかせる姿は生きた化石(女の子に対して失礼な気もしますが^^;)そのものです!
      オニオオハシのくちばしがプラスチック感満載で新鮮でした。生きているのにこんなに無機質な魅力もあるなんて・・・。
      他にも素敵な鳥さんが沢山いましたので、是非楽しんできてください^^!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)