おもちゃたちの冒険活劇!そして涙ほろり。

映画三昧週間ということで、本日公開の「トイ・ストーリー4」をさっそく見てきました。
平日の昼間でしたが、小さなお友達から大きなお友達まで賑わっていました。お隣は男性4人組で来ていたな。私と同じくお一人様もあちこちに。

「トイ・ストーリー」も随分長いシリーズですが、頭からおしりまで全部を見るのはこれが初めて。
キャラクターも何となく知っている程度でしたが、相当楽しめました。アラジンの時も思いましたが、ディズニーは話の持っていき方というか、良い意味でお客さんを裏切るのが本当に上手い^^;

個性豊かなキャラクターの中でも、ヒロイン(と思われるキャラクター)のボー・ピープの吹き替えを担当された戸田恵子さんのお芝居ばかりずっと追ってしまった。冒頭から最高でした。子供向けだからと言って妙に声を甲高くするわけでもなし、芯が強くてチャーミングな女性に引き込まれていました。ボーが活躍するシーンも多くて、アクションシーンも多く、見応えがありました。そういえばボーって陶製?なんですよね。途中で腕がポキっと折れて驚きましたが^^;いつものこと!と笑って応えるボーに胸を打たれました。

一人の子どもに愛情を注がれるか、大勢の子どもに喜ばれるか・・・いつかお別れが来るおもちゃたちの前にやってきた岐路を、それぞれのタイミングで選び、選んだ場所で精一杯生きて・・・完全に大人向けのヒューマンドラマだった気がする^^;いや、もちろん騒がしくて面白い場面もたくさんあって笑いましたが、まさかシリーズ4作目でこんな方向に飛んでくるとは!夏休みは混むのだろうなぁ。いい映画でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)