映画 | はんなりハミング

観てきた映画の感想。

『クルエラ』を観てきました。

『クルエラ』を観てきました。

小雨が降る中、渋谷のシネクイントへ。平日昼間でしたがかなりの客入りでした。客層も幅広かったです。 ディズニー作品でしたので、大量殺戮も無ければ人体のどこかも吹き飛ばず、血の海になる事もきっとないであろうし、ラストはハッピーエンド(の方向性)だろう・・・と勝手に判断して鑑賞決定。 ディズニー作品「101匹わんちゃん」の悪...Read More
『ベル・エポックでもう一度』を観てきました。

『ベル・エポックでもう一度』を観てきました。

先日はつかの間の休みを利用してシネスイッチ銀座へ。ノスタルジーなポスターに一目ぼれしました。 かつては売れっ子イラストレーターだったが今は落ち目の男性が、息子が立ち上げたタイムトラベルサービス「時の旅人社」に招待され、人工的なタイムスリップを経験する・・・というお話し。 タイムストリップと言えばSFモノの定番ですが、こ...Read More
『ステージ・マザー』を観てきました。

『ステージ・マザー』を観てきました。

先週末、重い雲が広がる中、急いで日比谷シャンテへ・・・。帰りは雨模様でした。 公開日から日が経っていたので朝イチの上映のみ。間に合ってよかったです。 舞台はサンフランシスコ。テキサスの田舎町で長年平凡な主婦として暮らしていたメインベリンは、疎遠になっていたゲイの息子がショーに出演中、薬物の過剰摂取で亡くなった訃報を受け...Read More
『天空の結婚式』を観てきました。

『天空の結婚式』を観てきました。

英語での原題は「My Big Gay Italian Wedding」 同性愛カップルの結婚ドタバタコメディ以下と思いきや・・・主演はカップルの片割れの両親?それとも一癖も二癖もありそうなウェディングプランナー?元カノ??予告編だけですでにお腹いっぱい。こういうノリというかテンション、このご時世には嬉しいです。 元々オ...Read More
『声優夫婦の甘くない生活』を観てきました。

『声優夫婦の甘くない生活』を観てきました。

2021年最後の映画鑑賞はコチラ・・・。原題は「Golden voices」です。 舞台は1990年のイスラエル。台詞に「サダム・フセインの化学兵器だ!」とかが出てくる時代。 ソ連からイスラエルへ移民した声優を生業とする夫婦二人の新天地での第一歩を描いた作品です。 今までの仕事のキャリアが捨てられず、違法と知っていても...Read More
スタイルのある映画

スタイルのある映画

本の整理をしている中で、ティム・ガンさんが書かれた「誰でも美しくなれる10の法則」がありました。映画の事も少し記載があったので、備忘録として・・・。 ティムさんはニューヨークの名門ファッションスクール「パーソンズ」で学部長をお勤めになった方。 大分前ですが、NHKでこの方が出演していた海外番組をOAしていた時期があって...Read More
『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』を観てきました。

『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』を観てきました。

予告編のコメディタッチな雰囲気が好みだったので鑑賞・・・平日朝一の有楽町へ。 売れない詩劇作家(脚本家とも、詩人とも)が名優、大女優、可愛い衣装係、馴染みの俳優、カフェのオーナーなど様々な人を巻き込んで、新作の劇を1本作るという何とも分かりやすく、楽しい物語。ドタバタしつつ大人の恋愛もほんのり絡んでいて、とても楽しい作...Read More
『天井桟敷の人々』を観てきました。

『天井桟敷の人々』を観てきました。

公開初日の1回目の上映会で観てきました。恵比寿ガーデンシネマにて鑑賞。 お芝居をしている人なら、一度は「観るべき映画」としておすすめされたことがあるであろうこの作品。今回の復刻上映でも美輪明宏さんがコメントを出されていましたよね。何故このタイミングで4K修復されたのか?は不明ですが・・・。 1945年、第二次世界大戦中...Read More
『博士と狂人』を観てきました。

『博士と狂人』を観てきました。

感想が追い付いていない作品が増えてきてしまった・・・こちらは有楽町で鑑賞。 ポスターとタイトル、そして内容からして割とストライクな内容だったので迷わず観てきました。 メル・ギブソン演じる学歴はないが博識な知識人と、ショーン・ペン演じるPTSDの影響で罪のない人を殺してしまった元軍医の二人が出逢い、辞書編纂のために力を合...Read More
『幸せへのまわり道』を観てきました。

『幸せへのまわり道』を観てきました。

久々に池袋へ。鑑賞前に本屋さんへ立ち寄ったらいい時間になってしまい、慌てて劇場へ向かう。 ポスター一目惚れで鑑賞を決定した作品ですが、恐らく、個人的に「2020年に観てよかった映画ベスト3」に入るであろう作品でした。DVDもCDも欲しいと思う映画って、数年に1本しかないのですが・・・これは買ってしまいそう。 原題は「a...Read More