『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』を観てきました。

『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』を観てきました。

今日は映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」を観てきました。
観た映画を整理していたら、なぜか突然おすすめリストに出現、しかもやたらと評価が高い・・・?一体どんな作品なのか、そもそもすみっコぐらしのキャラクターもよく把握しないままに劇場へ。例のごとく朝一ですが、劇場内は大きなお友達(男性も女性も!)でなかなかの埋まり具合でした。

ストーリーは最近見た映画の中で一番わかりやすくてシンプル。だからこそ、とても感動しました。
居場所を探す、というテーマはどこにでもありそうですが、キャラクター一人ひとりが抱えているものを上手に浮かび上がらせて、最後は心地よくいられる場所へと帰っていく・・・絵本の中の世界の冒険というのも、キャラクターの魅力が引き立って良いチョイスだったなと思いました。

そうそう、こういう作品を暫く観ていませんでした。イタリア紳士だったりブラックインド映画だったり魔女っ娘だったり・・・。映画っていいな、と素直に感じられる作品でした。

キャラクターは皆個性があって魅力的!私は水色のとかげがお気に入りに^^
コンプレックスがあったり、苦手なものがあったり、すみっこが好きだったり・・・その姿は今を生きている私たちと重なる部分も多くて、彼らの冒険する姿に自分を重ねられるのも、多くの人を引き付ける映画になった一つの理由なのかもしれません。似ているようで全く違うたくさんのキャラクターが埋もれずに、お互いにいい味を出しあっていました。

また、これだけのヒットにつながったのは、キャラクターの魅力はもちろん、それを十二分に引き立てた脚本の力も大きかったのではないかと思います。キャラクターのファンの方も私のように思わぬところから引っかかった方も笑、楽しめる作品ですので、気になった方は是非劇場へ・・・男性限定の回まで始まったそうです。

san-xのキャラクターが映画化なんて初めてでは?過去にもあったのかしら。キティちゃんでさえ劇場版になった記憶がありません。凄いぞ、san-x。凄いぞ、すみっコぐらし。むしろ、この映画の企画された経緯や理由を知りたい^^;そのうちビジネス雑誌の特集とかに出るのかな、その前に映画雑誌か。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)