『黒い司法』を観てきました。

今日は冷たすぎる雨と風に見舞われながら、朝一で劇場へ。
今日、東京でも場所によっては雪が降ったそうですね。確かに途中、雨粒にしては大きいと感じる何かが降ってきた気がしなくもないが・・・。

舞台は1980年代のアメリカ・アラバマ州。ハーバード大学法学部を出たばかりの若手弁護士・ブライアンは、高給オファーを蹴って黒人の死刑囚を法的な立場でサポートする事務所を設立します。その活動の中で出会い、死刑宣告されたウォルターの無罪を勝ち取るべく、様々な障壁に立ち向かっていく物語です。

ブライアンの登場で全てがめでたし、で終わるのではなく、救いきれない命があったことも描いているところが素晴らしかったです。当時は電気椅子だったのか・・・日本で同じような映画はきっと作れないだろうな・・・。

最後、ウォルターの身の潔白が証明され、独房を出ていくとき、同じ死刑囚の独房にいる仲間たちが盛大に送り出している姿に涙しました。周りの人もすすり泣いていた・・・ゴスペルの音楽も素晴らしくて、とてもよいシーンになっていたと感じます。

主演のお二人はもちろんですが、無実の罪に消えた黒人、事件のキーとなる偽証をした白人の死刑囚、若い白人の警察官のお兄さん、ウォルターの家族や近所の仲間たち・・・本当に素晴らしいキャスティング、良いお芝居でした。私の中でジェイミー・フォックスといえば、映画「ドリーム・ガールズ」の敏腕マネージャー・カーティスの印象が強いのですが(stepp’in to the bad side,何度聞いても本当にかっこいい曲だ・・・)今回は冤罪という悲劇に見舞われた死刑囚。マイケル・B・ジョーダンの青い情熱に燃える弁護士もとても素敵でした。裁判モノといえば、なんと言っても法廷での弁論のシーンが熱いですよね。自分ならどう芝居をするのか、いつも考えてしまいます。

この映画、アメリカの司法制度はもとより、根本的な人種差別を描いた良作だと思います。地方の図書館やミニシアターでもぜひ多くの人に見ていただきたい作品です。

明日は「ビッグ・リトル・ファーム」を観に行く予定です。今日の午後を予定していたのですが、寒さと雨で早々に自宅へ・・・。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)