『太秦ラプソディ』を観てきました。

『太秦ラプソディ』を観てきました。

福岡弾丸ツアーの記事も鋭意執筆中ですが、こちらを先に・・・!

本日、スーパーエキセントリックシアター「太秦ラプソディ」を観劇する機会を頂きました。
知り合いの方から急遽都合がつかなくなったと声をかけていただき、千秋楽公演ということで空席になってしまうのも・・・ということで譲っていただくことに。東京公演千秋楽、しかも先行販売で購入されたとのことで、とても良いお席!実は初めてのSETです。

事前に予習があまりできなかったのですが、ふと目に留まった記事を見て手が止まりました。

主演に栗原功平さんのお名前が・・・!

びっくりしました。私の中で栗原功平さん、同じく今回ご出演の安田裕さんといえば、某2.5次元ミュージカルにアンサンブルで出演されているのを拝見したのが最初でした。殺陣はかっこいいし、お辞儀は美しいし、コミカルなシーンもこなすし・・・アンサンブルのレベルで作品の完成度がいかに左右されるかを実感したといっても大げさではないと思います。アニメ「テニスの王子様」に声優としてご出演されている末吉司弥さんもご一緒に出演されていて、かっこいい殺陣を披露されていました。本当に面白い舞台だったな・・・。

と、思い出に浸りつつの感想ですが、もう、ひたすらにかっこよかったです。チャンバラ!!
やっぱりテレビや映画もいいですが、一度舞台で生の殺陣を見てしまうと・・・以前に拝見した「ミュージカル 忍たま乱太郎」もJAEの皆さん&今井靖彦さんのアクションに感涙しましたが、もう若手からベテランまでキレッキレのかっこよくて渋い殺陣に身震いするばかり。至福のひと時でした。女性陣の殺陣やアクションもかっこよさと色っぽさがあり、とても素敵でした。最後のダンスシーンで一瞬だけ出てきた忍者さんのお二人もカッコよかったな・・・。

お話は笑いあり涙ありのコメディで、最後はインド映画のようなにぎやかで楽しいエンド!SETの笑いのテンポやリズムもとても楽しかったです。

舞台になるのが太秦の大部屋という設定だったので、様々な個性が輝く作品でした。カメラ、照明、音響、営業・・・どれがなくとも成り立たないですよね。役の名前もとても凝っていますよね。海外の著名な映画監督とその通訳、動画配信サイトのプロデューサー・・・。目で追いきれない^^;!

三宅さん、小倉さんはもちろんですが、全ての出演者の皆様の努力の跡がひしひしと感じられる作品でした。
特に栗原功平さんが演じられたキャラクターは「福本清三」さん(「五万回斬られた男」として有名な斬られ役・殺され役を多く演じてきた俳優)をモデルにしているそうで、劇中も「海老反り斬られ」の練習をしているようなシーンもあり、役を研究され、形にする努力が随所に感じられました。大部屋の役者さんはもちろんですが、それぞれの立場にもスポットが当たっていて、台詞にも現実感があり^^;ちょっと泣けて・・・でも、やっぱり明るい気持ちと高揚感を携えて劇場を後にできたのでした。

カーテンコールは2回ありました。三宅さんが「今日のカーテンコールは一回だけです、というのを忘れていた」とおっしゃって客席には笑いが。お客様も温かくて拍手も多く、とてもいい雰囲気の客席だったと思います。客席の温度って、本当に大事!

出演者の皆様、スタッフの皆様、素敵な作品をありがとうございました。大千穐楽まで誰一人かけることなく、ますますのご盛況となりますこと、心からお祈り申し上げます。嗚呼楽しかった!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)