大きな荷物を手放す。

先日、荷物の断捨離をしたと記事にしましたが、今回は随分悩んでいた大きな荷物を2つ手放すことにしました。
一つはスーツケース、もう一つはサーキュレータです。

スーツケースは、もうだいぶ前から手放そうと随分悩んでいたのですが、月日だけが過ぎ去っていました。
大型サイズのため、現在の居室でかなりの存在感を放っていました。もう・・・何年選手?思い返してみれば、この子と最後に一緒に旅をしたのは10年前のNYでした。そう、前年のNY旅行が気学でいう大凶方位だったため、翌年にリカバリーも兼ねて再訪しました。もう意地と根性です笑。

直近の海外は5年前(!)の台湾ですが、その時はさすがに大型のスーツケースだと荷物になると思い、機内持ち込みサイズのスーツケースを購入しました。国内旅行でもこのサイズなら持ち歩きの許容範囲。公演の時も荷物を入れて持ち運ぶのに耐えられるレベルです。

以前に住んでいた部屋はかなり収納が広く、大型スーツケースも余裕で入るクローゼットもありました。ですが、現在の部屋はその部屋の1/4程度の収納スペースしかなく、引っ越して以来、ずっと部屋の片隅にご鎮座されていました。掃除の時も毎回スーツケースを移動させていたので、保管にはかなり手間がかかっていました。10年使わなかったものを今後使うこともないと思い(情勢的にも、長期の長距離海外旅行は暫く難しいでしょう)、処分することにしました。今はスーツケースレンタルも安価で利用できますから、必要になった際に検討することにします。

そして、もう一つはサーキュレータです。こちらもベテランの域に入る仕事をしています。
一人暮らしを始めた際に親に買ってもらったものですが、ついに今夏、首振りの際に「ガクン!」という機械らしからぬ不自然な挙動が見られるようになり、遂に天に召されたか・・・とそっと手を合わせました。そもそも、冷房が苦手で除湿機能メインの私にとって、サーキュレータは不要だったのかもしれません。扇風機ではないのでね^^;こちらもスーツケースと一緒に処分することにしました。季節モノの処分するタイミングは大事ですよね。

実はもう一つ頭を悩ませている最大の大荷物、羽毛布団があるのですが、こちらは今シーズンの最後に考えることにします。布団の収納って結構なスペースを取られるし、頭の悩ませ所です。

適切なメンテナンスをしながら物を持つには、ある程度の時間とお金と空間を必要としますよね。特に、値段が張るものはそれなりに維持の手間暇もかかります。とある百貨店の催事スペースを通りかかった際に、素敵なマダムが「年を取るとね、軽いのが一番よ!どんなに良いものでも重いものは肩が凝っちゃってね・・・」と店員さんにおっしゃっていたのを思い出して、自分にとっての最適を探しながらサイジングしていくことって大切だなと感じています。

いかに捨てて、何を持つか・・・今年はそんな事ばかり考えて過ごしています。

landlady
お芝居をしています。寄り道と道草ばかり。旅と自然と動物と音楽が生きる糧。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)