『盲目のメロディ』を観てきました。

『盲目のメロディ』を観てきました。

今日も朝から映画館へ。『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』を観てきました。
平日の朝一の映画館、まさかの一人貸し切りでした。やったー!ちょっとこそばゆのですが・・・^^;

目の見えないフリをしているピアニストが殺人現場を目撃してしまったのをきっかけに始まる狂騒曲。
二重、三重にしかれた伏線、スピーディーな展開!途中早すぎて、もうミッキーのような乾いた笑い声が出てしまいました。小さな嘘がきっかけで、まさかこんな大事に発展するなんて誰も思わなかったに違いありません。ことごとく裏切られる主人公と観客。一体どうする、どうなる?!最後はまさかあのシーンに結びついていて・・・?!しっかりオチまで笑わせて頂きました。

インド映画ということで、もっとわちゃわちゃ踊るシーンなどを予想(期待?)していたのですが、主人公がピアニストということで、ピアノの音色が作品のアクセントになっていて新鮮な印象でした。ただクラシックというよりインド調?の旋律だった気がします。また、劇中の台詞に結構英語が混ざっていたように聞こえたのですが、インドはヒンディー語ですよね?それも面白かったな。

ただ楽しいだけではない現代のインドが垣間見える映画で、良い意味で裏切られた気がします。amazonではもうレンタルも始まっているとか?ただ、ブラック(犯罪)コメディで、発砲もあるし血も流れるので、そのあたりが苦手な方はお気をつけて。

来年4月に手塚治虫さん原作の『新 陽だまりの樹』が上演されるとのこと。演出は宮田慶子さんか・・・!*pnish*のメールマガジンで知りましたが、出演者のお名前に斉藤レイさんが!ガオレンジャーでツエツエ役だった方ですよね。来年4月、新しくできたブリリアホールですか・・・観に行きたい!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)