あの人が思わず口にしていたあの言葉。

以前のアルバイト先の社員さん・・・恐らく50代後半か60代くらいの男性でしたが、働きすぎが祟って40代の時に大病をして病院に缶詰めだった時期があるそうです。それから健康に目覚め、食事も粗食、規則正しい生活など、色々と気を使い始め、健康になってきたと話してくださいました。

しかし、この方と一緒にお仕事をする中で「嗚呼、これで病気になったのだな。下手をすればまた大きな山が来るんじゃないか」と思うような出来事がいくつもありました。その中でも特に印象に残っていた2つの事を書き残したいと思います。

①休まない
ワーカーホリック、いや、仕事が大好きなのかもしれませんが、休まないんです。
もっと言えば「昼休みを取らない」んです。皆さんが交代でランチに出る中、ず~っとオフィスで仕事(兼お留守番。でも電話は取らない笑)・・・40代で仕事のし過ぎで病気になったんじゃないの?と心中突っ込みを入れていましたが、大きな病気をしたくらいでは人間の根っこなぞ変わらないのだと思いました。

②口癖
これはかなり大きいんじゃないかと思いました。その方、いつも言葉にする口癖がありました。
それが「微妙(ビミョ~)」でした。
「微妙」という言葉には様々な意味がありますが、この人の場合、英語だと“disappointing”とか“Not really”のニュアンスでした。

何かにつけ「ビミョ~だよね・・・」と言われると、こちらも色々と業務改善を提案したり良い仕事をしようとする気力も失せて・・・ご自分はもう定年間近でゴールも見えているのに頑張らなくてもいいのかもしれませんが、私も含めた残りのスタッフは、あと何十年も走り続けなければならないんです。一緒にいたら自分の脳みそまで思考停止しそうで、頃合いを見てその現場からは去りました。1日8時間近く一緒にいるんですもの、相手は選ばないと・・・自分まで病気になりそうだった^^;

どんなに健康に気を遣おうが毎日1万歩歩こうが早寝早起きしようが毎朝5時起きしようが、あれではまた同じような健康状態に陥るのではないかと、他人事ながら考えてしまいました。そして本当に、口癖って思考そのものなのだと思いました。ツイてる、ツイてる!!

よく「前向きな言葉のアファメーションが効果的」だとか「ツイてる、ありがとうを1万回言いましょう」とか、聞きますよね。馬鹿馬鹿しいと思う人もいるかもしれません。何の科学的な根拠もないでしょうし・・・でもね、「ビミョ~」という言葉を毎日何十回と口にするよりは遥かに幸せになれるんじゃないかと思います笑。お金もかからず、自分のテンションも上げて過ごせる。そして良い仕事をして周囲の人も楽しくなる!私はやっぱり口にして明るく楽しい気持ちになれる言葉を発したいと思います。

landlady
お芝居をしています。寄り道と道草ばかり。旅と自然と動物と音楽が生きる糧。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)