『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』を観てきました。

『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』を観てきました。

予告編のコメディタッチな雰囲気が好みだったので鑑賞・・・平日朝一の有楽町へ。

売れない詩劇作家(脚本家とも、詩人とも)が名優、大女優、可愛い衣装係、馴染みの俳優、カフェのオーナーなど様々な人を巻き込んで、新作の劇を1本作るという何とも分かりやすく、楽しい物語。ドタバタしつつ大人の恋愛もほんのり絡んでいて、とても楽しい作品でした。舞台の方は現在まで続く名作のようですが、この映画そのものを舞台化したら面白そうだな。

どのキャスティングも素敵でしたが、特に主人公の友人役の俳優と、大女優サラ・ベルナールには笑わせて頂きました。特に途中、奈落に落ちるシーンは・・・。そしてフランスの散文というか、韻を踏む詩は耳に心地よいですよね・・・言葉が分からなくて残念なのか、言葉が分からないからこそ単純に音だけで楽しめる贅沢なのか。

実は12月、観たい映画ラッシュなのです。もうすでに色々と感想が間に合っていないので笑、タイミングが合ったものだけアップする予定ですが・・・今年は60本くらい観れそうかしら?こんな時だからこそ、勉強、勉強!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)